my career compass

働き方はどんどん変えて良い

こんにちは。

 

今新しい取り組みをしています。

 

最もご相談が多い転職・キャリア形成のお悩み解決をテーマにした小冊子の執筆です。

 

簡単な診断テストを受けるだけで、4つのキャリアタイプのどれに該当するかが分かるもので、

 

  • 転職においてどう自分を打ち出していけばいいのか分からない
  • 今後どんなスキルを磨いていけばいいのか分からない
  • どうキャリアを作っていけばいいのかが分からない
  • どんなスキルが他社で通用するのか分からない

 

という方のお役に立つ内容となっています。

 

転職に成功したクライアントさん、そして私自身の転職経験を事例としてどう診断結果を活用したらいいのか?ということも解説しています。

 

10月中にはお届けできると思います!

 

 

さて、今日は『働き方』のお話です。

 

私のクライアントさんは皆さんキャリアのお悩みを抱えて私のところへいらっしゃいます。

 

 

私らしいキャリアとは?

お悩みは様々ですが、共通してるのは『なんかこのままじゃ嫌だ、違う』、そんな心の声をしっかり聞いて行動した結果、セッションにいらっしゃいます。

 

私は『私らしいキャリア』のつくり方をお伝えしていますが、『私らしいキャリア』とは好きなことや得意なことを仕事にすることでもあるし、もっとマクロな見方をすれば、理想のライフスタイルを実現するためのツールだと思うのです。

 

私らしいキャリアとしては例えば、子供と一緒にいる時間を優先するなら、時間的に余裕の持てるポジションや会社に移ることかもしれないし、

海外で働きたいと思ったら、海外勤務が可能な会社やポジションに移ることかもしれない、

都内の一等地に住んで都会の生活を楽しんだり、頻繁に旅をするライフスタイルが良いなら、お金をもっと稼ぐ必要があるから今よりも待遇が良い会社に移ることかもしれません。

 

私らしいキャリアを考える時、少しズームアウトしてどんなライフスタイルを送りたいのか?そんな視点で考えることが大事だと思っています。

 

これがまさにCareer Compassです!

 

私は20代の頃からこんな家に住んで海外でバリバリ働きながら暮らしてみたい・・・というビジョンがありました。

 

派遣社員から正社員になったばかりの私の目標は、ニューヨークで働くキャリアウーマンでしたからね。

 

今から思えば、よく諦めずに目標へ走り続けていたものだと関心します。

 

行き先はニューヨークではなくシンガポールだったけれど、当時夢にみたようなライフスタイルをちゃんと実現していました。

 

ただ当時の私は仕事が第一でライフスタイルは二の次。

 

自分の時間のほとんどを仕事に費やし、残った時間でゴルフや旅、友人との時間を楽しむという感じでしたら、ワークライフバランスなんてあったもんじゃありません。

 

ライフスタイルに働き方をフィットさせる

時を経て、結婚して子供が生まれて、ライフイベントを経験する中で『う〜ん、なんか違うなぁ』と思う心の声を少しずつ形にすべくキャリアシフトをして今があります。

 

今の私はライフが第一にあります。

 

息子とどれくらい一緒に過ごして、息子がスクールにいる間はどんな風に過ごして、週末は家族でこんな風に過ごす・・・・

あれこれシミュレーションしてみては実践するを繰り返しているところです。

10月からはいよいよ息子のスクールは週4日になりました。

1ヶ月遅れで実践に踏み切りました。

 

クライアントさんとのセッションは相変わらず週末に入ることもありますが、それでも働く時間をぎゅっと凝縮させ、ライフスタイル重視型の働き方です。

 

働き方についてはクライアントさんから時々質問をいただきます。

 

会社員としてはもう働かないの?
今の働き方をずっと続けるの?
せっかく得た専門スキルを使わないなんて勿体なくない?

 

ライフスタイルはライフステージによって変わっていくもの、そして働き方はライフステージによって変わっていくものだから、フルタイムで働くかどうかはさて置き、これからもずっと今の働き方を選ぶ可能性は低いです。

 

2、3ヶ月前でしょうか、某外資系金融機関からオッファーをいただきました。

 

ちょっと話を聞きに行っただけだったのですが、既に面接がセットされており、アジアのヘッドともお会いしました。

 

そこで、部下10名のマネージャーとして働いて欲しいと言われたのですが、『フルタイムで働く気はないです』とお答えしたところ、『週4日、10:00〜16:00でも良いです!』とも。

 

その時すでにたくさんのクライアントさんを抱えていたのでお断りしましたが、チャンスはあるものだなと痛感しました。

 

そしてそれはやっぱりこれまで毎日コツコツと積み上げたものがあるからだと思います。

 

その時その時できる限りのことを精一杯してきたし、独身時代が長かった分キャリアのアクセルを踏む時間が長かったことで得られたものは少なくありません。

 

働き方は変えていい

働き方は多様化し、会社員⇄フリーランスを行き来する方だっています。

『会社員⇄フリーランス』を自由に行き来するために必要なスキルを考える

 

どんな働き方を選ぼうと、そこで新しいスキルや経験を得ることで未来のキャリアに繋げることは可能です。

 

私のクライアントさんの半数以上がお子さんを持つママさんです。

 

子供の成長に応じて働き方を変えるという選択をされる方がいます。

 

小さな子供がいても転職を選択し、理想のキャリアとライフスタイル実現に向けてキャリアのアクセルを踏む方もいれば、子供との時間を優先して少しキャリアのアクセルを緩める選択をすることも。

 

その場合でもしっかり5年後、10年後のありたい姿に繋がる道を選択されていますから、アクセルを緩めることは決してキャリアダウンではなく助走期間と捉えることができます。

 

目の前の状況ばかりに囚われ、とにかく今の仕事から脱却したい、そんな思いばかりではキャリアもライフスタイルも手にすることは難しいと思います。

 

ですからちゃんと目的地を定めてそこに辿り着くにはどうしたら良いかしら?と考える、できない理由を並べるのではなくできる方法を考える心構え=マインドセットが大事です。

 

  • 子供がいるから
  • もうアラフォーだから

そんなことを理由にキャリアを諦めることはとても簡単ですが、味気ない人生になってしまいます。

 

ママでもアラフォーでも私らしいキャリアを叶えて良いのです。

 

私らしいキャリアを叶えてみたい!
そんな気持ちが心のどこかにあったら、是非次回の体験セッションにいらしてください。

 

理想のキャリアを叶えるルートをしっかり描いて明日からの行動を明確にしましょう。

 

お子さんがいる場合は大きく方向転換するのではなく1度だけ方向を変えていくだけでも良いのです。

 

たった1度?と思わないでくださいね。

 

少しずつでも確実にシフトしていくことで今とは違う結果はかならず手に入ります。

 

10月の体験セッションご案内はもう少しお待ちくださいね。

No Comments
prev next
Leave a comment