my career compass

キャリアアップせずに年収アップ!マーケットレートの法則

こんにちは。

 

キャリアメンターとして仕事をしていると、『キャリア志向ではないのですがセッションを受けても良いですか?』と言われることがあります。

 

キャリア志向でもないし、バリキャリを目指している訳でも、キャリアアップに興味がある訳でもないけれど年収はアップしたい!そんなクライアントさんがいらっしゃいます。

 

私自身は、キャリアアップすることで年収アップをしてきたので、キャリアアップせずに年収アップ?と最初は戸惑いました。

 

けれど、そのようなクライアントさん達と接していて、分かったことは人それぞれ『キャリアアップ』という言葉自体の捉え方が違うだけで、『キャリアアップを望まない』ということが決して仕事に前向きではない訳でも、仕事を頑張りたくない訳でもないということ。

 

なぜなら、そういう方に限って仕事をとても頑張っているからです。

 

では、そのような女性達がキャリアアップせずに年収アップすることは可能か?というお話ですが、それは可能だと思います。

 

どんな方が可能かというと、すでに現職でお給料以上のパフォーマンスを発揮されている方です。

 

実は私のクライアントさんにはこのタイプの方がとても多いのです。

 

だから、その年収で今の仕事をしているのは勿体無いなぁと思ってしまうのです。

 

もちろん本人が現職に満足していれば問題ないのですが、そうでない場合は『年収をマーケットレートにまで上げていく!』そんな覚悟を持って転職活動をしていく必要があると思っています。

 

マーケットレートとは?

マーケットレートとは給与相場です。

この業界でこの職種・役職ならばこれくらいの年収、というのはだいたい決まっています。

 

もちろん、このレートは需要と供給で多少は変動しますので、『どうしても欲しい人材が他社に取られそう!』となった場合には相場よりもかなり上乗せされた給与でオッファーを出すこともあります。

 

けれど、通常はある一定の相場の範囲内でお給料が決められていきます。

 

相場勘を身に付ける

この相場は業界や職種・役職によってだいたい決まっているとお話しましたが、これまで転職したことがない方は、今の年収=自分の給与相場と考えがちです。

 

実際のところ相場よりもかなり低いところに収まっている方がいらっしゃいます。

 

ですから、転職を視野に入れているなら、定期的にヘッドハンターに会ったり、仕事を検索するなどして相場勘をしっかり認識しておく必要があります。

 

そして同じ仕事をするにしても、どんな業界や役職だと自分が望む給与レンジに到達できるのか?

 

どんなスキルや経験を持っていたら、希望する年収に到達することができるのか?そんなことを考えながらリサーチをしてみてください。

 

人材紹介サイトなどに登録をして求人情報を見るだけでも、なんとなく相場が分かると思います。

 

年収相場の高い業界とは?

年収が上がると仕事が厳しそう・自分には無理と過剰反応する必要はありません。

 

というのも、同じような仕事をしていても業界によって年収は変わってくるからです。

 

my career compass

2018年版 モデル年収平均ランキング

 

この表から見てもわかる様に、1位と10位でも倍以上の差がありますから、業種による年収の差は歴然です。

 

また私は日系企業・外資系企業両方で仕事をしてきましたが、同じ仕事でも外資系企業の方が年収が高いことは明白でした。

(これにはもちろん例外があり、私もその例外に入っていた一人ではありますが、ここではそのエピソードは省略します。)

 

特に私の場合、日系企業でも英語を使う仕事をしていましたので、それならば年収が高い外資系企業で同じような仕事をした方が良いのではと思っていたこともありました。

 

異業種への転職

転職をしよう!と決めた時、特に年収が高くない方は『自分ができそうな仕事』を選び、異業種への転職を避ける傾向にあります。

 

これではただの横移動。

本当に勿体無いなと思います。

 

異業種からの転職を私はこれまで多くみてきました。

 

私のクライアントさん達はほとんどが異業種へ転職していきます。

 

また、会社員時代も異業種から金融業界へ転職する人を多く見てきましたし、私自身も異業種からの金融未経験者を採用したこともあります。

 

例え経験がなくても、新しい分野の知識を早く習得できる、問題解決ができる、主体性を持って仕事ができるなど汎用性のあるスキルをアピールすることで、採用されることは多々あります。

 

また、人事・総務・法務・企画など業種に関わらず全ての企業で必要となる部門で仕事をしている方、アシスタント、PMO、ビジネスマネージャー、オフィスマネージャーなどの職種の方は、スキルや経験面でのアピールがしやすいので異業種への転職はそう難しくはありません。

 

ですから年収アップを目指すなら、異業種への転職も選択肢に入れてみることをおすすめします。

 

大事なことは、職務経歴書や英文履歴書で『どう自分を見せるか?』というとだけです。

 

ここはまた別の機会にお話しようと思います。

 

転職サポートを開始してから数ヶ月が経ち、私の中でノウハウが蓄積されてきました。

 

2018年も残り2ヶ月ありません。

2019年も今のままでいいのか?なりたい自分になるためのキャリアチェンジをするのか?是非考えてみてください。

 

my career compass

No Comments
prev next
Leave a comment
About MCC

my career compass転職・パフォーマンスアップでワンランク上のキャリアを目指す女性のために、キャリアメンタリングを提供しています。
体験セッションについてはこちらをご覧ください。