my career compass

企業研修で採用されているマインドフルネスとは?

こんにちは。

めっきり寒くなりましたね。

先月から来月にかけてプログラム卒業ラッシュなので、ちょっぴり寂しい気分です。

卒業があれば新しい出会いもあり、そうやってグルグルと巡っている和の中にいることを幸せに思います。

 

今日はシンガポール時代の友人のお嬢さんが外資金融に就職したいとのことで、朝から会社員時代のことをあれこれとお話していました。

 

私のクライアントさんには学生さんはいませんが、転職も就職活動も対策ポイントは重なる点がいくつもあるので、採用者目線から色々とアドバイスをさせていただきました。

 

キャリアの中でも特に転職の戦略ポイントを整理するとても良い機会になりました。

 

これから始まる就活、是非頑張って欲しいなと思います。

 

さて、今日は『マインドフルネス』のお話です。

 

最近よく聞くようになりました、マインドフルネス。

 

企業の社内研修でも採用されているようです。

 

『瞑想だけではない』ヤフーのマインドフルネス研修が10期続く理由

 

マインドフルネスとは簡単に言うと、「”今ここ”にただ集中している心のあり方」のこと。

 

あなたは頭の中でお喋りが聞こえていませんか?

「不安・否定・恐怖・どうにもならない過去のこと・どうでも良いこと・将来の不安・起こりもしないこと」をずっと喋り続けていませんか?

 

「あれこれ考えすぎ」ていませんか?

 

それは自分であって自分ではないですからね。

 

私は『あいつ』と呼んでいます。

 

客観的に今の自分の感情を見る、それがマインドフルネスの第一歩です。

 

私のプログラムでも感情を客観的に見るワークを取り入れているので、早い方だと1ヶ月もすると自分の感情を客観的にみることができるようになって、自分の心理状態をコントロールすることが習慣化します。

 

これによって、仕事でのパフォーマンスが上がったり、目標に向かって行動できるようになったり、やりたいことがはっきりしたり、日常生活においてもパートナーとの関係が改善するなんてことも。

 

心理状態が落ち着くことで、今やるべきこと・決断・やりたいことがちゃんと見えてくるんです。

 

例えば、イライラしていたら『私は今イライラしてるぞ』と客観的に自分を見ることができると、イライラの原因を特定して対処することができます。

 

それをせずただイライラしていたらパートナーや子供にあたってばかりになったり、仕事ではつまらないミスをしたり周りからは難しい人と距離を置かれるかも。

 

また、不安を感じていたら本当はやってみたいチャレンジもできないし、チャンスを逃してしまいますからね。

 

キャリアに限ったことではありませんが、自分の状態をいかに良く保つかが成功の秘訣です。

『自分の状態を良くすること』

 

そういえば、7年前に受けたジェームス・スキナーのセミナーでもマインドフルネスについて学んだ記憶があります。

 

8泊9日の合宿は朝の瞑想から始まりました。

 

そして、頭の中のお喋りをただただノートに書きとめ、そのノートをキャンプファイヤーの火の中に投げ込むというようなこともしました。

『今、ここ』

『今が目的地』

 

そんなフレーズを聞いたことも最近思い出しました。

 

ふとした時、過去のことを悔やんでみたり、未来の心配をしたり、とにかく過去と未来を行ったりきたりしがちです。

 

けれど、『今』にこそ目を向けてみることが大事。

 

  • 今どんなことを感じていますか?
  • 何か不満を感じていますか?
  • どんな心配事がありますか?

 

なぜ不満や心配を感じるのでしょう?

それらを解消するための新しい選択肢はありませんか?

 

感情に飲み込まれることなく、こんな風にしっかり感情を客観的に捉えてそこから次の行動を洗い出していく、そんなことを積み重ねた先に、自信や豊かさ、そしてキャリアの成功、理想のライフスタイルの実現があります。

 

キャリアメンタリングプログラムは今年作ったものですが、そのワークの一部は7年も前に学んだことがベースになっていたのかと今更ながら発見しました。

 

『今、ここ』是非覚えておいてくださいね。

No Comments
prev next
Leave a comment
About MCC

my career compass転職・パフォーマンスアップでワンランク上のキャリアを目指す女性のために、キャリアメンタリングを提供しています。
体験セッションについてはこちらをご覧ください。