my career compass

自分の基準を見直す

 

こんにちは。

 

先日クライアントさんが、「今年は100万円自分に投資をする!」と決めたとおっしゃっていました。

 

そしてその投資の一つが私のプログラムへの参加。ありがとうございます。

 

体験セッションで継続プログラム受講を即決されていました。

 

自分へどんな投資をしていますか?

私は3月からトレーナーを付けて週1回加圧トレーニングをしています。

今では両手で計14キロの重りを持ってランジができるまでになりました。

(ランジとは、片足を前に出して着地と同時に、上体を落としていくトレーニングのこと)

 

45分のトレーニングで、腕、お腹、背中、脚、お尻と身体の大きな筋肉を鍛えているせいか、14キロになる息子を片手で抱っこしながら、もう片方の手で掃除機をかけることもできます。

 

良い感じに筋肉が付いてきたな〜と思っていたところ、ジェニファー・ロペスのビキニ姿を見てビックリ!

→その画像はこちらです!

 

49歳です!
一目で筋トレの成果と分かるあのお腹、脚!

自分の基準の低さを思い知らされたのでした。

 

自分の基準を見直す

日々の行動は全て自分の基準がベースになっています。

  • お部屋の状態
  • 仕事の進め方
  • お給料
  • 服装や自分のケア
  • 相手への接し方
  • メールの書き方
  • 書類の作成

「こんなもんでいいや〜」と思っている限り、その程度の結果しか手に入りません。

 

最もらしい言い訳を並べて自分を「こんなもの」で納得させている限りは、それが当たり前の基準になります。

 

基準は目標にもなる

先日私が勝手にメンターと呼んでいる、Tim Ferriss氏のポッドキャストを聞いていたら、ゲスト出演していた起業家がこんなことを言ってました。

 

『僕は目標設定はしない。
クライアントにとってベストなものを提供するだけだ』と。

 

ベストなもの。
それこそ確固たる基準です。

 

別のインタビューではAnn Miura Koさんという日本人女性が登場したのですが、彼女は『world class』という表現を多く口にしていました。

 

Annさんは子供のころから、父から『world classの努力をしたか?』と常に聞かれ、学業でも仕事でも『world class』を意識していたそうです。

 

医者になりたいと思っていた彼女は、医学部進学に必要な単位も取得していましが、医者である友人の話を聞き、自分は医者には向いていない、world classの医者にはなれないと思い医者になることをやめます。

 

子供の頃から、『world classの努力をしたか?』という問いかけを意識していた彼女の考え方や行動力はすごいな〜と思います。

 

医者なることをやめたこともそうですが、18ヶ月の子供を育てながら、2人目を妊娠中、フルタイムで働きながらしかも博士課程にまで通っていたのです。すごい行動力です!

 

彼女は全米のディベート大会で優勝したworld classのディベーターあり、ベンチャーキャピタリストです。

 

2時間オーバーととても長いインタビューですが、彼女の英語はとても聞きやすいですし、生い立ちやマインドセット、world classのディベーターへの道のりのエピソードはとても勉強になります。

world classの成功の為のtipsを知りたい!という方は是非聞いてみてください。

→ ポッドキャストはこちらから

 

少し前から基準について考えていた私は、この2人の起業家の話を聞いて、どういう基準を持つかは生き方そのものであり目標にもなるんだなぁと思ったのです。

 

高い基準に触れる

「こんなもの」という当たり前の自分の基準から抜け出すには、高い基準に触れる必要があります。

 

一番良いのは高い基準の環境に飛び込んでしまうこと。

 

そうしたら高い基準がいつのまにか自分の基準になります。

 

  • 英語があまり話せなかった私が飛び込んだ留学先の世界
  • 英語が飛び交う外資系の世界
  • 中国語と英語が飛び交う海外勤務時代

どれも私の基準をグンと引き上げるには十分な世界でした。

 

その世界に飛び込む以外にも、すでにその世界を経験してる人に触れるだけでも自分の基準がグンと上がることがあります。

 

私のメンターは、グローバル企業を顧客に持つビジネスの世界では大先輩の方です。

 

彼と話をするたびに、自分の基準がどんどん上がる感覚をおぼえます。

 

そして、私はメンターとして誰かの基準をグンと上げる、そんな存在でありたいと思います。

 

さて、昨日もみっちりトレーニングをしてもらい、今や14キロのダンベルを持ちながら15回x4セットのランジを続けてこなせるまでになりました。

4セット中2セットは足に加圧ベルトを巻いた状態ですから、乳酸が溜まって痛いのなんの・・・

 

満足気にトレーニングを終わらせた私にトレーナーが、

『女性で最高30キロを持ち上げる方がいらっしゃいます』と。

 

まだまだ半分!
私の筋トレの基準もグンとあげていきます。

No Comments
prev next
Leave a comment
About MCC

my career compass転職・パフォーマンスアップでワンランク上のキャリアを目指す女性のために、キャリアメンタリングを提供しています。
体験セッションについてはこちらをご覧ください。