my career compass

プロフェッショナリズムについて考える

こんにちは。

 

今日は息子が熱を出してしまい、1日家に籠っていました。

 

会社員だった頃、体調不良の息子を看病するために頻繁に仕事を休むことがとても嫌でした。

 

けれど、それは独立してからも同じこと。むしろ独立後は私の代わりがいないからお休みすることが更に難しいとも言えます。

 

そこで考えたことは・・・息子の体調不良でお休みして嫌だとか、チームのみんなに申し訳ないとか罪悪感みたいなものをしょい続けることは止めにしようということ。

 

その代わりに、お休みしても大丈夫な状況を日頃から作っておくこと、そして体調管理をしっかりすることにフォーカスすることに。

 

今週は運良くクライアントさんとのセッションが全て終わっているので、こうやって家で少し仕事をするだけで大丈夫な状態になっています。

 

 

さて、今日は『プロフェッショナリズム』についてのお話です。

 

 

プロフェッショナリズムとは?

どんな仕事をしていても、経験やスキルのレベルにかかわらずプロフェッショナルであるという意識を持つことはできます。

 

プロフェッショナルとは何も職人さんとか何かの専門家という意味ではなく、仕事に対してどういう姿勢でいるか?あり方です。

 

思えば、いつの頃からか自分はプロとして仕事をしているという感覚を持っていました。

 

メンターや同じ会社で働く人の影響だと思います。

 

では会社員において具体的にどういうことがプロフェッショナルなのかといえば、

  • 期限・約束を守る
  • メールはその日中に返信
  • 正しい知識を常にアップデートする
  • 怒りやイライラなど感情的にならない
  • チームや会社・クライアントにとってベストな決断をする

 

これら基本的なことにプラスして、自分の言動や仕事がその先に及ぼす影響をしっかり認識していることが挙げられると思います。
(これができていない方が多いです)

『木を見て森を見ず』

 

私にとってはこれらがプロフェッショナルであることだと思っています。

 

 

プロフェッショナルな対応

そしてその時々でプロフェッショナルな対応を考えます。

 

やれやれと思ったとしても、しっかり話を聞きますし、怒りを感じてもそれをぶつけたところで何もならないからここは冷静に行こうと思います。

 

先日クライアントさんが自分の仕事の境界線はきっちり引くというようなお話をされていました。

 

仕事の線を引くのは適切なことです。

 

知らないことを引き受けてもみんなに迷惑がかかるだけだしそれはリスキーですからね。

 

でも、何か聞かれても「それは私の仕事じゃないです!」とすぐにシャッターを閉めてしまうのは全くプロフェッショナルではありません。

 

ではどういう対応をするかと言ったら、『私の担当ではないから、別部署の○○さんに問い合わせたら分かるかも』と伝えたり、もし担当者を知っているならば、情報を提供してあげることがプロフェッショナルな対応だと思っています。

 

要は交通整理をしてあげればいいのです。

 

新しい会社に転職したての頃、分からないことなんて山ほどありました。

 

あたりをつけて海外オフィスの同僚に聞くと、「そんなこと知らない!」などと返事をする人は記憶では1人もいませんでした。

『ちょっと調べてみるよ!』
『私は分からないけどこの人なら分かるかも』

そんな風に返事をくれる人ばかりでした。

 

 

メンターとして

独立して今のメンターとのはじめてのセッションで、彼がプロフェッショナリズムについて話をしてくれたことをよく覚えています。

例えば、

  • 提供するサービスにおいて圧倒的な経験や知識を持つこと
  • HPや資料にきちんとロゴが入っていること
  • メールアドレスは独自ドメインを使うこと

なるほど!そういうことかと思ったものです

 

独立してから数ヶ月経ち、個人として仕事をしていく上での自分なりのプロフェッショナリズムを形にしてきました。

 

その中で個人で仕事をするからこそきちんとしておきたいと思うこととして3つのことを実践しました。

  • ビジネスネームではなく本名で活動すること
  • ブログ用の画像は、オリジナルではない場合、royalty freeのものを購入すること
  • クライアントさんの目標達成にあらゆる手段を尽くす(時には厳しいことをお伝えすることもあります)

そして今後はHPにプロフィール画像を追加する予定です。
(撮影まで4ヶ月待ち!あと数週間で撮影です。)

 

メンターとして少しずつ進めてきたビジネスも、個人でやっているからこそ自分なりにしっかり高い基準を持ってやっていこう!そう改めて心に誓いました。

『自分の基準を見直す』

あなたは、『プロであること』を意識していますか?

No Comments
prev next
Leave a comment
About MCC

my career compass転職・パフォーマンスアップでワンランク上のキャリアを目指す女性のために、キャリアメンタリングを提供しています。
体験セッションについてはこちらをご覧ください。