my career compass

富士通5千人配置転換から考える転職しないリスク

 

こんにちは。

 

皆さんは転職と聞くとどんなイメージをお持ちですか?

 

私は人材の流動性が比較的高い金融業界で長く働いてきたので、転職はとても身近なものでしたし、私自身も4度転職を経験しています。

 

日系企業にいた頃からヘッドハンターから頻繁に連絡がきていましたので、転職は常に私の頭の中にある出来事でした。

 

けれど、キャリアメンターという仕事を始めてから、転職をしたことがないとうクライアントさんとお会いすることが増え、転職=リスク、一世一代の大勝負と感じる方がいることを知りました。

 

転職はリスク、特に外資系転職はクビが怖い・・・・そんな風に思っている方がいらっしゃいます。

 

先月の読売新聞に読んでいただきたい記事があります。

富士通が5千人配置転換、合わなければ転職提案 (2018年10月26日 読売新聞)

富士通は26日、2020年度までにグループ全体で5000人規模の配置転換を行うと発表した。対象となるのは総務や経理などの間接部門で、研修を通じて営業職やシステムエンジニアとして育成する。IT(情報技術)サービスなどの成長分野を強化する狙いがある。

富士通はグループ全体で間接部門に約2万人の従業員がいる。配置転換後の仕事に合わない従業員は、転職を支援する制度を提案することもあるという。

もはや、転職しないリスクだって十分にあり得る時代です。

 

こちらは、経営方針進捗レビュー説明会(2018年10月26日実施)の資料からの抜粋です。

5,000名規模のリソースシフトによる成長領域の増強と間接/支援機能の効率化、適正化

  • コーポレートファンクション等の業務ノウハウを活用した営業、SE 、業務コンサル、SAPコンサル人材等の育成
  • グループ会社の間接/支援機能を富士通本体へ集約
  • サービスカンパニーに相応しい人材投資の拡充
  • グループ内外へのキャリアチェンジ、転進を支援

リソースシフト(人材の配置転換)とはなんだかとても聞こえがいいですが、法律上企業は簡単には人を解雇できないので、リソースシフトという対応をとっているのです。

 

もし自分がリソースシフトの対象だとしたらどうしますか?

 

社内やグループ会社で異動先を見つけて、一から経験を積みますか?

それとも転職を考えますか?

日系企業であっても終身雇用制度はもはや存在しないも同じ。

 

1つの会社に長く勤めていたって、自分の意思とは関係なく仕事を辞めざるをえない状況に陥りう可能性はあります。

転職しないリスクが存在するのです。

 

 

転職するリスク vs 転職しないリスク

転職するリスクと転職しないリスクにどんなものがあるか見てみましょう。

 

転職するリスク

  • 評価一からのスタート
  • 入社してみたらイメージと違った
  • 人脈を捨てる
  • 新しい環境に馴染めない

 

転職しないリスク

  • キャリアアップの機会損失
  • 年収アップの機会損失
  • 視野が狭くなる
  • 人員削減などの事態に対応しづらい

 

それぞれにリスクはあります。

そして、リスクもあればベネフィットもあります。

転職するベネフィット、転職しないベネフィットも見てみましょう。

 

転職するベネフィット

  • キャリアアップ
  • 年収アップ
  • 違う環境で働くことで知見が広がる
  • 新しい人脈の構築

 

転職しないベネフィット

  • すでに評価や実績を積み上げている
  • 勝手知った環境
  • 人脈があることで仕事がスムーズに進む
  • 転職活動や転職後の環境変化によるストレスがない

 

やっぱりそれぞれにベネフィットはあるんですよね。

転職する・しないどちらが良いとは一概には言えません。

 

現職 vs 転職

私のクライアントさんは、転職をしよう!と心に決めている方ばかりではありません。

 

転職を迷っている方、転職したいけれど子育てとの両立を考えて足踏みをしている方もいます。

 

私は決して、転職=正解ではないと思っています。

 

転職の先にどんな自分になりたいのか?どんなキャアリやライフスタイルを叶えたいのか?をしっかりイメージした時、それらが転職でしか叶わないと確信するのであれば転職を選択すれば良いのです。

 

ですから例えば、

 

将来は海外で働きたいと思っているのに、海外とは全く取引もない企業で英語を全く使わないような仕事をしていては海外勤務のチャンスの可能性は低いはずですから、転職をして海外勤務に近付くような仕事に就く必要があります。

 

また、子供との時間を増やしたい!とライフスタイルを重視した働き方を望んでいるのに、残業が増えると見込まれる仕事に転職したのでは理想のライフスタイルからは遠ざかるばかりですから、現職でしっかり実績を積み重ねる方が得策です。

 

キャリアの成功とは?

転職=キャリアアップと考えがちですが、なにも転職はキャリアアップだけが目的ではありません。

 

ライフステージの変化に伴い働き方を変えたい!、キャリアの階段を駆け上りたい!という意欲はなくとももう少し年収アップしたい!、そんな時のための選択肢の一つだと考えています。

 

キャリア志向ではないけれど、ライフスタイルを充実させるためにもう少し年収を上げたいという方は私のお客様にも結構いらっしゃいます。

 

キャリアの成功とは何も、お金をいっぱい稼ぐとか昇進して偉くなるということではないですからね。

 

キャリアは理想を叶えるツールですから、自分が叶えたいことのために仕事や働き方を変えていくことができる、そんな状況をつくりあげておくことが成功だと私は思います。

 

『働き方はどんどん変えて良い』

 

富士通の人材配置転換のような状況に直面した時、異動先でやりたくない仕事をするのでも、妥協して転職するのでもなく、自分が『こうしたい!』と思える選択ができることがキャリアにおける成功だと思います。

 

つまり、自由なキャリアシフトが可能な状態です。

 

結婚後、少しライトな仕事に転職したとしても大幅な年収ダウンをせずに仕事が続けられること。あわよくは、同レベル・または前職以上の年収がいただけたらベスト。

 

子供がいる方ならば、今は子供との時間を優先して、子供の手が離れる数年後には再度アクセルを踏んでしっかり稼ぐ状態でいられること。

 

ライフステージに応じてキャリアシフトが可能な状態にいしておくこと、そんな柔軟性を持つことは大事です。

 

 

キャリアシフトに必要なこと

自分が望むタイミングでキャリアシフトするためにどんなことが必要なの?というと、これはキャリアステージや職種にによっても違うのですが、1つ言えることは、

 

同じ仕事をずーーっと続けていてはキャリアの成功にはたどり着くことは難しいということです。

 

同じ仕事だとしても、マネージメントを経験したり、海外との仕事をしたり、多様性を積み上げていく必要があると考えています。

 

同じ会社に勤務していても異動するなどして多様性を積み上げていくことは可能です。

 

年齢が上がっていくとともに求められるスキルや経験も上がっていきますから、「私にはこれしかできません」では好きな時に満足いく条件でキャリアシフトすることは難しいことは容易に想像できます。

 

何を積み上げていくかをしっかり見極め、今から少しずつでも良いから積み上げていくことが必要です。

 

今のキャリアは5年後、10年後のなりたい自分をつくることができるとイメージできていますか?

 

少し考えてみてくださいね。

 

何をどう積み上げて良いかよく分からないという方は、体験セッションにお越しいただくか、今月中にリリース予定のキャリアポジショニングをお待ちくださいね。

my career compass

No Comments
prev next
Leave a comment
About MCC

my career compass転職・パフォーマンスアップでワンランク上のキャリアを目指す女性のために、キャリアメンタリングを提供しています。
体験セッションについてはこちらをご覧ください。