Voices

プログラムを受けて2年経った今

こんにちは。

ここ最近は雨続きで外出できないので、さらに運動不足を感じています。

自粛生活前は週2回ジムに通って筋トレをしていました。

東京は今月で緊急事態宣言が解除されるようですが(まだどうなるか分かりませんね)、解除されたからといってジムに行く気にはならないので、自宅でできる筋トレやヨガを始めようと思っています。

 

さて、今日は嬉しいメッセーをご紹介します。

 

キャリアメンタリングプログラムを以前受けた方からいただいたメッセージです。ご本人に許可を得てブログでシェアさせていただきます。

 

じゅんさんのセッションを受けてから2年。じゅんさんが言う「点を打った」先のことをお話しさせてもらいますね。

じゅんさんのセッションを受けていた時、私は今までの人生のなかで味わったことのない四重苦に陥っていました。

 

忙しすぎることによる自分でもどうしようもないイライラ、仕事上も女性としても自己評価が人生最大に低く、人から認められたい欲求が凄まじく、人に対する嫉妬に悩まされていました。

 

今、結論から言うと、その四重苦はほとんどありません。

 

忙しくて自分の時間が取れないことは続いていますが、あの頃のイライラは何かに取り憑かれていたとしか思えないし、自己評価も上がり、今では上司や同僚、社員から評価されていることを実感しています。その頃嫉妬していた人に対しては今は全く嫉妬していません。

 

ここまでこれたことは、本当にじゅんさんのおかげだと思っています。

 

あの頃も、じゅんさんの言っていることもわかったし、自分でもそんなに苦しむ必要がないこと、わかっていました。自分を認める、とか、自分を否定したり過小評価しているのは自分、とか、人と比べることに意味がない、とか。

頭ではわかっていても、その時の精神状態で、はい、出来た、とはいきませんでした。

 

時にはアドバイスがプレッシャーになることも。

でも、時間をかけて、できました。その状況から抜け出せました。

 

それは、やっぱり、常にじゅんさんが、私を否定することなく、理解してくれて、寄り添ってくださったこと。

 

その時はできなくても、考えや感情を変換すること、選択すること、その方法を言い続けてくれたことが大きかったと思います。そういう方法があるとわかっただけで光が見えた時もありますし、どん底まで落ちず、かろうじて踏ん張れてたんだと思います。

 

そしてほんの少し余裕が出た時に、じゅんさんの言葉を思い出したり、いつの間にか頭に入っていた、「感情の選択の仕方」が腑に落ちてできるようになっていたり。

心の声聞いていますか?

ここまで来れたこと、自分で這い上がったという実感があります。それこそがじゅんさんのメンターとして凄いことだな、と思います。

 

メンターらしき人が蔓延して同じような言葉が溢れているなかで、上っ面の借りた言葉ではなかったことが、私の胸に響いてずっと頭に残っていました。LINEでその時心に残った文章は保存していて、何度も見直しましたし。

 

じゅんさんによって自分の中に植えられた「本物」の種が自分の中で成長して、自分でできるようになりました。

 

 

このメッセージを受け取った時、私はとっても嬉しくて小躍りしてしまいました。

 

2年経った今でも、お伝えしたことがこうやって活かされているんだなと。

 

プログラム終了時より、ずっとずっと『良い状態』になっているだけじゃなくて、さらには職場の方々にもとてもポジティブな影響を与えているようでした。

 

自分の状態が良くなると、現実(周りからの評価・周囲の人との関係)が変わってきますからね。

 

メンタリングプログラムにご興味がある方は、体験セッションにいらしてください。

 

キャリアメンタリング体験セッションについて

 

▷キャリア以外のことを綴るアメブロを始めました!