マインドセット

実はみんな悩んでる、職場の人間関係

こんにちは。

先月、転職よりもキャリアの悩みを解決したい方からの応募が増えているとお伝えしたと思いますが、ここにきて転職活動をしたいという方からの応募が増えてきました。

 

コロナ禍の影響で転職市場は縮小傾向にあり、どうしても人員が必要な場合を除き採用をストップしている会社も増えてきていますし、採用の基準も上がっている印象です。

 

とはいえ、募集しているポジションはありますので、しっかり準備して二人三脚で早期内定を目指していきたいと思っています。

 

 

さて、今日は『職場の人間関係』についてのお話です。

 

キャリアに関する悩みは人それぞれですが、実は職場の人間関係で悩む方がとても多いのです。

 

私がこれまでお会いした方の多くは、「転職をしたいけれど自信がない」「転職活動をしたけれどうまくいかなかった」など、転職に関するご相談がとても多いのですが、実はよくよく話を聞いてみると少なからず人間関係の悩みを抱えている方が殆どでした。

 

 

仕事は人間関係が9割

 

『仕事は人間関係が9割』だと思っています。

 

一人で完結する仕事であれば別ですが(会社員の場合、そのような仕事はあまりないと思いますが)、仕事は大抵『人』とおこないます。

 

だからこそ、人との関わり方は仕事において切っても切り離せない要素になります。

 

  • 上司に評価されない
  • 隣に座る同僚が仕事をしてくれず自分ばかり忙しい
  • あの人とは話が合わない
  • 否定されている気がする
  • 上司に叱られてばかりで仕事に行くのが憂鬱
  • 上司が理不尽な要求ばかりする
  • 他部署のあの人は仕事をしてくれない

 

どんな問題にも『人』がつきものです。

 

ここで『問題』と敢えて書きましたが、その問題を作り出しているのは実は自分だったりもしますから、本当に厄介です。

 

 

 

実は私も悩んでました

 

私も20代の頃、職場の人間関係で悩んでいました。

 

当時はとても内気で(今では考えれませんね)、ちょっとしたことで同僚と話をすることが嫌になってしまったのです。

 

それまではランチタイムになると皆でワイワイやりながら食事をしていたけれど、気が付いたら一人ぼっち。

 

その状況にたまらず会社を飛び出して外でボーッとしていたこともあります。(かなり病んでいました)

 

周りと仲良くしたい自分とうまく溶け込めない自分の間で、一人モヤモヤ・・・

 

今では考えられませんが、そんな時期があったのです。

 

 

また、その後転職した別の会社では、陰で悪口を言われたことがあります。

 

そのメールを目にしてしまった私は泣きました。

 

どういう経由でそのメールが私のところに送られてきたのかはもう覚えていませんが、とてもショックだったことだけは覚えています。

 

他にも人間関係に関するエピソードはたくさんあります。

 

 

人間関係の問題、誰のせい?

 

今当時を振り返ってみると、相手があってのことですので、100%とは言えませんが、自分自身にも原因があったと冷静に思うことができます。

 

その状況(問題)を作り出したのは私自身でもあると思えるのです。

 

例えば、

  • 言いたいことが言えない
  • 相手の言葉を自分なりのフィルターを通して勝手にネガティヴに解釈する

こんな傾向にある方は、人間関係の問題が表面化しやすい傾向にあります。

まさに昔の私です!

 

特に言いたいことが言えないという我慢している状況で、良好な人間関係を築くことはとても難しいです。

私らしさの反対にあるもの

 

 

人間関係で悩んだ20代〜30代を経て、30代も後半になると職場での人間関係に関する悩みは殆どなくなりました。

 

代わりに人間関係の悩みを持つ同僚や部下から相談を受けることが増えたのは、偶然ではなく必然だったのかもしれません。

 

思いをぶつけてみて

 

どんな人間関係の悩みにも効く特効薬はありません。

 

けれど、じっくり向き合うことで時間をかけ解決できたり、少なくとも状況を改善することは可能です。

 

まずは、信頼できる人に自分の素直な思いを話してみることが必要です。

 

どんな状況であれ、その時どんなことを感じたのかを言葉にしてみてください。

 

人によっては、簡単なことではないかもしれません。だからこそやって欲しいのです!

 

もちろん私に相談していただいても構いません。

 

まずは体験セッションやLINEで、どのような悩みがあるのか聞かせてくださいね。

 

体験セッションのお申し込みはLINEまたはこちらからお申し込みください。