20~30代の転職希望者50名に聞いた、転職にまつわる最も多いお悩みとその解決策

こんにちは。

私が会社員時代に勤務していた金融業界では、転職はとても当たり前のことでした。

これまで何人の同僚や上司達を見送ったか分からないほどです。

キャリアメンターとして仕事を始めてから、世間では転職はそれほど当たり前ではないんだなということを初めて知ったのですが、それでも最近は転職を考えている方、転職経験がある方が増えてきたなと思います。

 

今や転職者は300万人にも登ります。

 

私のところにも転職を希望される方が後を立たないのですが、転職にまつわるお悩みには傾向があることが分かりました。

今日は転職にまつわる最も多い2つのお悩みをご紹介したいと思います。

 

転職活動したけどうまくいかない

自分で転職活動をしたけれど、うまくいかずにご相談にいらっしゃる方は、すっかり自信をなくしてしまい、やりたいことが見えなくなっています。

 

やりたいことよりも、できることを優先して転職活動をし続けるものだから、内定をもらっても『違うかも』と思って辞退してしまう方もいらっしゃいます。

 

辞退するくらいならば、最初から応募しなければ良いのになと思うのですが、うまくいかない転職活動の中で、オファーをもらえる経験をしたくて敢えて条件を下げてできそうな仕事に応募する→辞退ということを繰り返してしまうのです。

 

行きたくもない会社でもオファーが出ればいいですが、書類通過さえしないとさらに自信をなくしてしまい、まさに負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

そのような方には、一旦転職活動をストップしていただき、

  • 自分が何をしたいのか?
  • 転職でどんなことを叶えたいのか?

を思い出していただきます。

 

同じことを繰り返していては、同じ結果が続くだけですからね。

 

その上で、うまく行かないのはなぜか?を一緒に考えていきます。

 

うまく行かない理由は大きく分けて2つあります。

  • 魅力的な職務経歴書ではない
  • ターゲットが悪い

 

上記両方・またはいずれかに当てはまっているのであれば、軌道修正して応募、結果を見て再度軌道修正して応募を繰り返していくのみです。

 

一人だとくじけてしまう作業かもしれません。

だからこそ私のようなキャリアメンターの伴走が必要なのです。

 

 

初めての転職で不安ばかり

初めての転職の場合、何から始めていいのか分からないという方も多いです。

私も初めての転職活動の際には、一人試行錯誤していました。

目的も将来のビジョンもぼやっとしていたので、何度か転職活動をしてみたけれど、全くうまくいかなかったという経験があります。

 

まずは、転職でどんなことを叶えたいのか?を明確にしておくことが大事です。

日系から外資系に転職した際には、ここが明確だったので、応募したたった1社からすぐにオファーをもらうことができました。

→『転職活動の最初に考えたい3つの条件

 

そしてもう1つ重要なのがエージェント選びです。

あなたのキャリアのことを心から考え案件を紹介してくれるエージェントに当たれば良いのですが、そうでない場合うまく行かなかった結果だけが残り、転職のモチベーションも失われてしまいます。

 

中には、面接に行ったけれど希望とは全く違うポジションだった、必須スキルを全く満たしていなかったなんてことがあります。

 

働きながらの転職活動は、時間的に制約があります。

できるならば、希望とは違うポジションの面接に行くことは避け、本当に行きたいと思える会社に応募し審査を進めていきたいものです。

私が提供する転職サポートにエージェント紹介を組み込んだのはこの理由からです。

 

現在提携エージェントを使って転職活動を行っている方は、しっかりエージェントからもサポートを受けることができ、希望に沿う仕事を紹介してもらっています。

 

『数多く応募してください!』なんて言われることはありませんから、信頼できるエージェントばかりです。

 

昨日から募集開始した転職サポート、残り2名となりました。

ご希望の方はお急ぎくださいね。

No Comments
prev next
Leave a comment